おすすめリンク

電解水素水なら日本トリム

電解水素水って知ってる?日本トリムの取り扱う整水器は健康にいい電解水素水を作れます!

ウォーターサーバー各社で契約は異なる

ウォーターサーバーとは、いわば大容量のペットボトルウォーターをストックし、レバーを押せばいつでも水道の蛇口感覚で水を使える便利なものです。
大抵のウォーターサーバーでは冷水と温水を提供する機能が付いています。
なのでわざわざお湯を沸かしたり、氷をストックしておく必要がありません。

朝起きて温かいコーヒーがサッと飲める。
夜食にカップラーメンを食べたくなればすぐ作れる。
授乳期のお母さん達も綺麗で、適温の水がすぐ利用できるので重宝しているようです。
それに何と言っても便利なのが買った水をお店から自宅まで運ぶ必要が無いことです。
一人暮らしであっても一週間に3、4本程度のペットボトルは消費するでしょう。
それでもお店から運ぶのは結構大変です。
ましてや家族があれば、車が無いと運ぶのが難しい場合もあるでしょう。

一方、ウォーターサーバーを導入すれば業者が定期的に水を配達してくれるのです。
これはとてもありがたいですね。
水の種類も選ぶことができます。
水道管の老朽化で端的に衛生面が気になるという方は濾過水を選ぶと良いでしょう。
飲み物や料理を水からこだわりたいという方はミネラルウォーターをチョイスすることも可能です。
今や私達の生活に欠かせないペットボトルの水ですが、ウォーターサーバーを導入すると上記のような様々なメリットがあります。
一度、導入を検討してみるのはどうでしょうか?
今回は特にマンションでウォーターサーバーを導入しようか迷っている方向けに、予め検討すべき点をご紹介します。

ウォーターサーバーはあると便利

ウォーターサーバーを契約すると、サーバーの機械をレンタルする費用が掛かります。 その他にも契約期間等に縛りがあったりします。 契約内容は各社で異なるので良く検討しておく必要があります。 今回はマンションにウォーターサーバーを導入するにあたってチェックしておいた方が良さそうな点に絞ってご紹介します。

ウォーターサーバーのサーバーと水は結構場所を取る

ウォーターサーバーは水が入った大型のペットボトルの様なものをセットして使います。 タワー型のサーバーにペットボトル数本分の水がセットされるので、床を占める面積はそれなりになります。 また、水そのものが定期的に配達されるため、それなりにまとまった量を保管できるスペースも必要です。

配達の方法は?サーバーの音は大丈夫?

水は定期的に配達されます。 配達方法は業者により異なります。 自分の生活パターンに合わせた配達方法を選びましょう。 また、意外と盲点になり易いのがサーバーの騒音です。 機種によってはそこそこの音量になるようです。 マンションだとお隣さんに迷惑にならないかも大事ですよね。