ウォーターサーバーはあると便利

水の種類とボトルの種類

水の種類は大きく分けてミネラルウォーターとRO水に分けられます。
RO水とは特殊な膜で水を濾過したものです。
この特殊な膜はかなり高機能で、一般の家庭用浄水器では処理出来ないような小さなゴミや環境ホルモンまで取り除き、信頼出来る水質を提供することが出来るのです。
ただ難点を挙げるとすれば、水の美味しさの元であるミネラルまで取り除かれてしまう点です。
ミネラルウォータにしてもRO水にしても、定期的に水質チェックがなされているので安心して飲める点では違いはありません。
ボトルの種類にも違いがあります。
こちらも大きく分けて、リターナブルボトルとワンウェイボトルというのがあります。
前者は業者が回収、洗浄して繰り返し使えるものになっています。
そのため、比較的大きく、作りもガッシリしています。
水が入った状態での重さが十数キロになるものもあるので、女性一人暮らしには不便かもしれません。

最低発注本数と契約期間の縛りに注意!

マンション暮らしの方の場合、一人暮らしや二人暮らしで、日中家にいない事も多く、意外と水の消費量が少ないという方もいるでしょう。
そういった場合は、契約内容によく注意をする必要があります。
一ヶ月の最低発注本数が決まっているところが多くあります。
ノルマをこなせなければ、使わない水がどんどん溜まって勿体無いです。
ノルマが無い業者もあります。
この場合 、ウォーターサーバーのレンタル料が有料になっているところが多いです。
ノルマが無い業者も、一回の最低発注本数を設定しているところもあるので、チェックをしておきましょう。
余りに多いと、部屋が水で占領されてしまう、なんてことになってしまいますね。
それから、契約期間に縛りがあり、早期に解約すると違約金が発生する業者もあります。
やっぱり契約内容と生活パターンが合わなかった、となっても直ぐには解約できないので、慎重に契約内容をチェックすることが必要です。